ブログ移転しました!!

一本道と違って、分岐シナリオを繋げていくのは、ユーザの仕事。

takasuga_chara_picture
ゲーム制作サークル「LR」代表、タカスガタイキです。
長らく体調不良でヘロってましたが、なんとかぼちぼち回復しました。
病院で処方される薬は、本当に偉大だね。









■宣伝・告知





1. 冬コミ参加


冬コミ、受かりました。
三日目の12/31(月)、東-W12aです。
頒布物の詳細は、のちほど御報告いたします。







■サークル進捗



120317_1s.jpg

現在は、シナリオ執筆中です。
中でも、通常イベントを中心に片付けています。


予想通り、原稿用紙に直すと、数枚程度の短いシナリオが多いです。
また、画面下部に数行のテキストを表示するADV形式なので、ページ送りを前作より意識して書いています。
地の文の量は意図的に減らし、会話文主体のポップな出来になっているんじゃないかなと思います。


あとは、何より選択肢です。
今回のシナリオには、選択肢があります。
前作の「発掘少女」が一本道ノベルだったので、書いていて肌触りの違いを感じます。



選択肢があるタイプのゲームは、ひとつの選択肢であまり語りすぎなくてよいのかなーなどと最近は思います。
そのテキスト単体だとあっさりしていても、全ての選択結果を見れば繋がるのであれば、その方がユーザ満足度が高くなるのかなと。
一本道の時には、とにかくひとつのラインの中で情報をこれでもかと出していかなければなりませんでした。
それに対して、今回はこまぎれなイベントとこまぎれな分岐の中で、情報を小出しにしていくような感覚です。

具体的には、人物の描写などにそれを感じます。

前作では、この人物のこの行動は、こういう意図があって、それがこう繋がって~みたいなことを丹念に描写することで、キャラを立たせていきました。
しかし、今回の場合は、その人物の描写ひとつひとつを繋げていき、最終的な人物造形を構成するのはユーザの仕事になっている気がします。
つまり、ここにユーザ体験があるわけです。
点と点を結んでいくのはユーザなわけですから、それが楽な部分でもあり、バランスが難しい部分でもあるなと思います。
語りすぎないよう、語りすぎないよう、気を付けながら書いております。




シナリオ図解
なんとなく図解








■今日のトピックス





朝型生活を続けているのですが、仕事の影響で、以前よりも時間がとれなくなってきました。
四時起きがやや辛くなってきたため、最近は少し遅めの五時に起きるなどして、睡眠時間を確保しています。


最近、長らく入っていたニコニコプレミアムを解約しました。
大容量の動画を投稿するためだけに使っていたのですが、今となっては何にも利用していないので。

同じく入会しているyahooプレミアムをどうしようかなーと検討している最中です。
こちらは、おもとしてオークションのために入っているわけなのですが。

検討している過程で、プレミアムの特典として無料動画が見れたりすることを最近知りました。
といっても、ラインナップは結構しょぼいですが。
でも、せっかくなので、まずは視聴してみることにしました。


そうして、見たのがアニメ「ちはやふる」


めちゃめちゃ面白かったです。

おそらくこの機会がなければ、視聴することはなかったでしょう。
というのは、なんだか漫画人気でただただアニメ化したような低予算アニメの気がして、今まで避けていたのです。
が、全然そんなことはなかった。
むしろ、おそろしいまでの気合の入り方。

かるたがここまで熱いとは!と唸らずにはいられませんでした。

オススメです。





これ、ボーカル男なんだってさ……。
すげえええ。












今回は、今日のラクガキおやすみ。

=================================
所属 : ゲーム制作サークル「LR」
実績 : 発掘少女
    上記ゲームにて第7回ふりーむ!コンテスト部門賞受賞

タカスガタイキ
=================================
関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Pagination