ブログ移転しました!!

空気感スクリプティング。家庭教師は、意外に色んなものを褒める。

takasuga_chara_picture
ゲーム制作サークル「LR」代表、タカスガタイキです。
久しぶりに鍋を作ってみました。
数日持たせるつもりだったのに、あっという間になくなってしまいました。
鍋の魔力、すさまじい。




■宣伝・告知





1.ラジオ出演



勉強会が縁で、ぜろじげんラジオ第37回にゲーム制作サークル「LR」としてゲスト出演させていただきました。
前半部で、当サークル制作物「発掘少女」についてや、うちの制作体制についてちょっと触れております。




Video streaming by Ustream









■サークル進捗



120317_1s.jpg

現在、僕は週評価画面をスクリプティングしています。

週評価画面では、一週間分の育成結果を集計して、集計結果に即した寸評をキャラが喋ります。
つまり、解析処理です。


週評価画面サンプル
↑作りかけの画面。一週間の育成結果の合計値を表示している。


実際に組んでみた印象としては、当初想定していたよりも複雑な実装になりそうだなーという感触。
スクリプトに関しては、詳細設計をしていないので、こういうことが起こり得ます。

前作「発掘少女」では、僕の妹や従兄弟達が小さい頃の記憶を引っ張ってきて、描写を掘り下げていきました。
同じように、今作「あの砂時計を返すまで」のイメージソースになっているのは、僕が家庭教師をしていた頃の経験です。
なので、自分が叱っていたポイントや褒めていたポイントを洗い出してみたのですが、これがかなりの量。

しかし、この辺は、ゲームの肝になる部分なので、ある程度空気感というか肌触りをしっかり出したい。
ので、ちょっと面倒な実装方法をとることにしました。
うまいこと実際に生徒を受け持っている感じが出せればいいんですが。






ところで、また栞問題で軽くドジりました。
「あの砂」では、日付が進行していくので、日付情報を栞に保存させることが必須です。
なのですが、うっかりDate型のまんまユーザ変数に詰めてしまって、ロード後にこけてしまうという事態に。

実際の変数の中に入っているのは、インスタンスの参照先。
なので、プロセスが終了したら、参照先のメモリは解放されてしまうということなのですが。
もう、全てのクラスは、saveStructメソッドを持っていてくれないかなーと妄想します。
そして、自分のクラス名とフィールド変数の辞書配列をファイルに保存してくれるという。
もし、できたら便利だと思うのですが、どうでしょう?

ひょっとしてどこかに似たようなものがあったりするんだろうか。







■今日のトピックス



gstudy04_capture.png
参加応募ページ



第4回インディーズゲーム勉強会、引き続き参加者募集中。

まだ枠残っていますので、ご参加検討よろしくお願いします!
















今日のラクガキ
290_2.jpg
発掘少女絵Part2、ゴドーです。

=================================
所属 : ゲーム制作サークル「LR」
実績 : 発掘少女
    上記ゲームにて第7回ふりーむ!コンテスト部門賞受賞

タカスガタイキ
=================================
関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Pagination