ブログ移転しました!!

修正パッチと勉強会レポとミックスジュース

takasuga_chara_picture
ゲーム制作サークル「LR」代表、タカスガタイキです。
この前「発掘少女」でミックスジュースの歌の替え歌ができることに気づきました。





■宣伝・告知



本日、ビジュアルノベル「発掘少女」のバグ修正パッチをリリースしました。
このパッチは、イラスト倍増の追加パッチを同梱しています。

ダウンロードはこちらから

「イラスト倍増だと? そいつは気になるぜ」
「バグが直ったなら、やってみようかな」

というかたは、この機会に是非是非再プレイしてみて下さると、うれしいです。
イラスト倍増は、結構見応えがありますよー。







■サークル進捗

現在、絶賛企画書の詳細化作業を実施中です。
実質、企画書と言いながら、中身は要求仕様書と基本設計書の間くらいなかんじでしょうか。

スクリプタと設計者が共に僕なので、立ち絵とUIの仕様書以外は、そこまで詳しい設計書を用意するつもりはないのですが。
ただ、サークル間での意思疎通をはかるため、追加人員への説明のため、システムまわりは可視化しようと思っています。







■今日のトピックス



先日、たんすかいさん主催の勉強会に参加してきました。
なので、以下、勉強会のレポートをまとめたいと思います。

金銭的な部分に言及している個所はどうしようか迷いましたが、一応ぼかしました。
普通、オフレコならオフレコって言うはずなので、気にする必要はないとは思いますが。
開催一回目で、まだ方針も手探り状態だと思うので。




---------------------------
1. 同人ゲーム制作初めの一歩
    yositaさん

■ゲーム制作のメリット・デメリット
ゲーム制作はもてない。
月あたり40~50時間(高いと100)の時間をとられる。

かかる費用は*0万くらい。
(内約 : 絵師外注(CG20枚)*0万 / ムービー4、5万 / ボイス **)

最初からこんなにかける必要はない。
たんすかいも最初はこんなにかけなかった。(4、5万くらい)
忘れがちだけど、CD/ジャケットにもお金はかかる。

☆500円×200枚という話だが、それでペイできるのか。
できない。
DL販売は全然売れない。
赤字負債分は、リーダーが全て抱える。

シェアになると感想数が下がる。


■ドキュメントの話(併せて、各工程の話)
ドキュメントはかなりちゃんと用意しています。

企画書
キャラ設定表
キャラ相関図
画面遷移図
画面設計書
etc...

 ※うち(LR)と同じくらいドキュメントを用意してる。
 ※こんなサークルが他にもあるのかーと、素朴な感動をおぼえる。
 ※画面遷移図に縮小画像貼り付けているのが綺麗でいいな。
 ※エクセルでまとめてるのにシェイプ使ってないっぽいから、画像ソフトでがんばってると見た。


プロットは、ストーリーエディタで。
★フローなどは作っているのか。
作っている。
先に一本道を作ってから、分岐を足しているような形。

今回は、声優をつけた。
キャラが17人なので、17人分の台本を作った。
ボイスつけるなら、シナリオ改変ができない。
 ※うち(LR)でやってるスクリプト混入後の推敲が利かない。
 ※今後、声をつけることを視野に入れるなら、制作フローをそれに合わせて最適化させんとなー。

スクリプトする段で、ツールを使ってある程度の自動化をはかっている。
★ツールは何を使っているのか。
秀丸マクロ。
秀丸はシェアだが、フリーソフト開発者は申請すれば無料で使用できる。
なので、自分(yositaさん)は無料で使っている。


■その他色々こぼれ話

4月は要注意。
学生さんとか、転居とか、環境が変わる節目である。

仕事と両立するためには、ゲームの優先度を上げるしかない。
yositaさんは、会社行く前に毎日朝のマックで二時間くらい作業しているらしい。
会社には、ゲームを作っていることをばらしてる。


---------------------------
2. 制作の始め方と制作後
    Mikage、kazu


Mikageさん : Artemis Engineの開発者
kazuさん : スマホ向けのゲーム制作支援に注力中
clubさん : はじめてスマホでノベルゲームを作ったかた

対談形式でした。
会場で決をとって、急遽スマホアプリまわりの講義に変更。


■iOSの状況

appstoreは審査が厳しい。

・ダメなもの
appstoreだから、18禁無理。
誰もが閲覧できるページに水着の画像があるだけで(アプリ紹介のスクリーンショットなど)、appstoreではNG。
ただし、ゲーム内に水着があるのはOK。
二次創作も基本NG。
ただし、ばれずに通ってる場合もある。

・OKなもの
猟奇表現は結構大丈夫(17+というレーティングが用意されていて、それを選べばOK)。
テキストがエロい、声がエロいは割と通る。


■androidの状況
androidで遊べる同人ゲームは、iOSに比べると少ない(20~40タイトルくらい)。
Google Play Storeでは、エロは御法度。
通報されないと消されないので、チョイエロくらいならOK。

でも、androidはiOSと違い、いくらマーケットあってもいいので、エロ系アプリは野良マーケットという手が。
ただし、野良マーケットの場合、「不明なアプリです」という確認ダイアログが出る。
これは回避できない。

商業同人ばかりで、ほんとに同人ってかんじのゲームは少ないみたい。。
今、一般同人向けのマーケットは、地下進行で色々進んでいるらしい。


■スマホ向けにゲームを作る意義

PCとは層が違う。
一般人が隙間時間や寝る前などにプレイする。
ので、全く新たな人に自分のゲームを手にとってもらえる可能性がある。

しかし、ランキング社会。
まずはappbankというサイトに載ること!
ここを制さないと、ランキングにのらない。
中の人のブログも重要。

アプリのレビュアーにチョクでメール出せば結構載せてくれる。
スマホ向けゲーム自体がまだまだ少ないので、面白ければ、商業、同人関係なく見てくれる。
垣根がない。


■英語対応などを視野に入れてみるのも

講師のkazuさんの場合、英語対応アプリを作ったが、最初は英文がイマイチだった。
そこに「俺が英語直してやるゼ!」という有志が登場し、英文のクオリティが底上げ。
今ではDLの割合は、海外が六割くらい。
アメリカ、中東、アジアが多い。
何故か、中東で恋愛ゲームがウケている!?

kazuさんのゲームのスペック
DL数 : 5000~1万
価格 : 115
プレイ時間 : 1時間前後


■色々なゲーム制作エンジンの話題
色々あげられていたけど、知っているエンジンが多めだったので、ほとんどメモをとっていない。
興味をひいたのは、以下。

・kagroid
サークルでしか使われてない(魂々というゲームがこれで作られている。面白いらしい)。
kasと同じで、kagっぽいandroid向け開発環境。


■Artemis Engineの紹介

Artemis : iOS、Android、Windows向けのゲームが、全て一つの開発環境で制作可能。

★androidの機種依存の問題があると思うが。
まず画像の比率が違い、実機検証がしにくい。
普通に開発していて、同人サークルが多くの実機検証をするのは難しい。
しかし、Artemisはある程度開発者が実機検証をしている。

ハードウェア描画はOpenGL、OpenSLで行っており、javaを使ってない。
全てC++。
下層のグラフィックプロセッサを直接叩くので、機種ごとの互換性がいい。

2.3以降、2011/3/21以降の機種なら動く。
これは、スマートフォンデータベースというサイトを利用すれば簡単に調べられる。



---------------------------
3. スクリプトとは?
    小松

KAGやNScripterは前世紀の遺物だ。
こんなもので開発はありえない。
オススメは、KAGEX。

KAGEXはここがすごい。
・高機能
  色々GUIのガワがつくぞ。
  日本語でタグが打てるぞ。
  グラフィックに対して様々なアクションを設定できるぞ。
  そのアクションは、複数行書くことで合成できるぞ。
  画像から設定画面を一瞬で作ったりできるぞ(これはphotshopマクロを利用)。
  ※他、ウインドウサイズが自由に変更できる点に皆驚いてました。
・自由度が高い
  がんばれば、すごいことができるぞ。
・簡単、効率的
  タグを自動生成してくれるぞ。


 ※フレームワーク + 開発環境を目指してる印象。
 ※KAGにGUIライクな機能を色々くっつけたかんじ。
 ※多分だけど、「吉里吉里は使いたいけど、もっとGUIライクに開発したい」って人向け。

 ※僕は、自分で自作ツール作った方が早いので、GUIツールにはあんまりときめかなかった。
 ※ただ、画像に対して色々とアクションを設定できるのは、拡張ライブラリとして便利かもしれない。
 ※残念なのは、APIがないことと、KAGとの互換性がないこと。

 ※ただし、5/5 コミティア100でマニュアルが出るらしい。
 ※ツールとしてももっと便利になるらしいので、興味のある人は要チェキだ!




---------------------------
4. RPG制作の始め方
    ノリ

 ※時間が押していたので、皺寄せを受けてしまい、触りしかプレゼンできず。
 ※かなり楽しみにしていたので、残念。

RPG用の顔グラで、フリー素材で使いやすいものはない。
 ※狙い目かもしれない。

■ウディタ
ツクール2000ではコモンイベントの自由度が高かった。
しかし、今のツクールでそれをやりたい場合は、RGSSを書かなければならない。
ウディタの方がコモンイベントの自由度が高い。
ただし、素材は自分で用意しなければならない。



---------------------------
懇親会での雑記

ウディタでは、ウディタをどのくらい起動していたかの総合起動時間が出るらしい。
なんだ、その戦闘力みたいなものは。
「ふん、起動時間500時間だと。カスか」みたいな会話が交わせちゃうじゃないか!
すごすぎる。

名刺交換タイム。
その中で、自分のゲームを配っている人が。
これに勝る名刺はない。

僕の名刺を見て「男性向け同人ですか?」と聞いてくる人が結構いた。
わからなくもない。



ゲーム界隈の人の名刺はハデなものが多いので、こんくらいがちょうどええと個人的には思います。


十三妹は、武侠小説からとったサークル名であり、十三人の妹が「おにいちゃーん」という意味ではないらしい。






=================================
所属 : ゲーム制作サークル「LR」
実績 : 発掘少女

タカスガタイキ
=================================


web拍手 by FC2

Pagination